テニススクールの服装ってどんな?

テニススクールの服装ってどんな?

テニスの服装

初めてテニススクールに行く際に、どのような服装が望ましいのだろう?と、考える人は少なくないだろう。

他にもシューズやラケットなどの選び方なども気になるところ。

ここでは、テニススクールに関する服装などの疑問に対する答えを紹介していく。

皆どんな服装なんだろう?

テニススクールでの服装は、基本的には動きやすいものであれば問題ない。
もちろんテニスウェアであれば言うことはないが、試合でなければ、Tシャツやスウェットなどでも全く問題はない。
中には自転車競技やサッカーのジャージを着用している人もいるほどだ。

テニススクールの服装を選ぶ際の重要なポイントは、テニスボールが入る大きさのポケットがあること。
テニスは予備のボールを持ちながらプレイすることが多いのでボールが入るポケットは必須とも言えるだろう。
女性にはレギンスがオススメ。
テニス用のレギンスにはボールポケット付きの物が存在する。女性にはとってはマストアイテムだろう。

靴(シューズ)は何を履けばいいの?

テニスの服装

テニスをプレイする時の靴(シューズ)は、やはりテニスシューズが一番。
テニススクールによっては、シューズレンタルが可能なテニススクールもあるので利用してみるのもひとつの方法だが、やはり自分にあったテニスシューズが一番なのでMYシューズがベストだろう。

テニスシューズと一概に言ってもサーフェス(コートの素材)にあった様々な種類があるので良く確認しよう。
種類としてはオールコート用・ハードコート用・オムニコート用・クレーコート用、カーペットコート用、またはオムニ/クレーの兼用などがある。
各種メーカーによってもサイズや自身の足型に合う合わないがあるのでコーチや専門店のスタッフのアドバイスを参考にすると良いだろう。

ラケットはどうすればいいの?

テニスラケット

ほとんどのテニススクールは、体験レッスン用のラケットのレンタルサービスがある。
しばらくはレンタル用のラケットを利用しつつ、その後に自身のラケットを購入することがオススメ。

何度かテニススクールに通ううちに人気やトレンドが分かってくるだろう。担当のコーチと相談しながら、自身のプレースタイルに合ったラケットを見つけよう。

ロッカーとか着替えるところはあるの?

更衣室

大抵のテニススクールには、ロッカールームや更衣室が設置されている。学校や仕事の後にレッスンに来る人も少なくないためだ。ロッカーには鍵がかかるようになっているが、貴重品は身につけておくか、受付などに預けるようにしてしっかりと管理しよう。
中には、専用のレンタルロッカーがあるテニススクールもあるので、MYロッカーを借りる事も出来る。

テニススクールは、シャワーなども設備の中に含まれていることがほとんどですが、レッスン後に電車やバスに乗って帰宅する人は、事前にテニススクールのホームページをチェックしておこう。

体験レッスンて何? 何をするの?

テニススクールでは、初めての人のための体験レッスンが提供されている。実際に入会する前にレッスンを体験することで、スクールの雰囲気を感じることができる。そして自分にあったレベルのクラスを案内してくれるので全くの初心者でも気軽に参加する事ができる。
ただし体験レッスンを受けたからといって、必ずしも入会しなければならないということはない。あくまでも体験レッスンによって、スクールを選ぶ際の参考にしてもらうことが目的。

体験レッスンでは、ウォーミングアップの後にラケットの握り方をレクチャーされる。続いてボールを実際に打ち、その後はコートを使ったラリーを行い、最後はゲーム形式といった流れが一般的だ。
体験レッスンは事前に電話もしくはホームページから予約することか出来る。初心者の場合には、予約の際に「初心者です」と告げておくことでスムーズに手続きが進められる。

何時間くらいするの?

テニススクールによって異なるが、おおむね80分から90分が体験レッスンの時間として設定されている。
施設の説明などもあるため、レッスンの15分前から20分前には到着しているのが望ましい。
着替えたりシャワーを浴びる時間も踏まえると、トータルで3時間から4時間ほどかかると考えておくと良いかもしれない。

いくらかかるんだろう?

テニススクールの体験レッスンは、1,000円(税抜)から3,000円(税抜)となっている。中には無料の所もある。
ロッカーの使用料金やラケットやシューズのレンタル費用などがかかるスクールもあるので、事前にテニススクールのホームページで調べていくと良いだろう。

初めて/初心者でも大丈夫?

テニススクールでは、初心者用のコートを用意していることがほとんどのため、初めてテニスをプレイする人でも問題なく参加することが可能となっている。

むしろ初めてテニスをする方には、断然テニススクールがオススメ。テニスボールを打つ気持ちよさを是非とも体験してみてほしい。

まとめ

テニススクールに通う時の服装は運動が出来れば問題ない。
が、だんだんとテニスの魅力にハマっていくと自分の好きなブランドやメーカーが出来てきて拘っていくに違いない。
重要なのはテニスボールを複数入れられるポケットが必要な事と、もう1つはとても汗をかくスポーツなので吸汗速乾などの乾きやすい素材がオススメ。
そして複数枚用意する事だろう。思う存分にテニスライフを楽しんでほしい。

関連記事